「糖尿病が強く疑われる人」のうち、40代男性の2人に1人は糖尿病を放置していると言われています。

実は私もその一人でした。

 

30代からすでにメタボ体質、高血圧と糖尿の数値が悪いほうでした。

でも、働き盛り

 

職場の空気、風当たりが厳しい毎日。

まさに、「忙しい」を言い訳にして、通院することを一切拒否していました。

 

ところが、40代に入り、ついに糖尿病から心筋梗塞を引き起こしてしまい、入院、手術。

危うく、命を失うところでした。

 

糖尿病の恐ろしいところは、明確な症状がないため、多くの30代、40代が、放置してしまうことにあるのかもしれません。

 

どこかに異常が出たとき、その時はもう。。。

時遅し、ということもあるのではないでしょうか。

続きを読む