低血糖

体は意外に繊細にできている~運動とストレッチ、糖尿病予防について~

 


 

「糖尿病が強く疑われる人」のうち、40代男性の2人に1人は糖尿病を放置していると言われています。

実は私もその一人でした。

 

30代からすでにメタボ体質、高血圧と糖尿の数値が悪いほうでした。

でも、働き盛り

 

職場の空気、風当たりが厳しい毎日。

まさに、「忙しい」を言い訳にして、通院することを一切拒否していました。

 

ところが、40代に入り、ついに糖尿病から心筋梗塞を引き起こしてしまい、入院、手術。

危うく、命を失うところでした。

 

糖尿病の恐ろしいところは、明確な症状がないため、多くの30代、40代が、放置してしまうことにあるのかもしれません。

 

どこかに異常が出たとき、その時はもう。。。

時遅し、ということもあるのではないでしょうか。

続きを読む

糖尿病のもう一つの恐怖、低血糖!~低血糖のリスクと対処法~



私は2型糖尿病を発症、今でも投薬治療を受けています。

血糖値が一番酷いときは、血糖値の指標ヘモグロビンA1cが300mg/dL越え!

 

2週間ほど入院し、糖尿治療を受けました。

入院中、血糖値を下げる治療を受けましたが、その時現れた症状が「低血糖」です。

 

今回は低血糖の対処法、低血糖の食事方法についてお伝えします!

続きを読む

動悸?の症状、それは危険信号!~低血糖から狭心症の可能性~



私は2型糖尿病、高血圧とメタボリックシンドロームの合併症です。

 

30代から約10年にわたり、その状態を放置。

ついに40代で心筋梗塞、狭心症を発症し、カテーテル手術を受けるに至っています。

 

心筋梗塞を引き起こした当初の症状が、「動悸」のような症状でした。

 

その後の検査で「狭心症」を発見、手術するに至っています。

今回はその動悸?のような症状についてお伝えします!

続きを読む

糖尿病による神経障害とは?~糖尿病性神経障害を避けるポイント~

糖尿病を発症することで恐ろしいのは3大合併症と言われるものです。

有名なのでご存知の方は多いとは思います。

 

糖尿病性神経障害(高血糖による神経障害)

糖尿病性網膜症(血行障害による視力障害)

糖尿病性腎症(高血糖による肝臓機能障害)

 

※その他、血管系、呼吸器系、泌尿器系などの合併症もあります。

 

 

今回はこの中でも私の症状で一番強く出ている「①糖尿病性神経障害」の中の種類「多発性神経障害」に絞ってお伝えしたいと思います。

続きを読む

error: Content is protected !!