糖尿病とメタボについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



日本人の糖尿病の90%以上といわれている「2型糖尿病」の方は、一般的に肥満の人が多いと言われています。

 

一般的に肥満の人は脂質や糖質が多い、高カロリーの食事などを継続することで症状が発生します。

私も3度のご飯が大好きでした。(今でも好きですが・・・)

 

脂質や糖質、高カロリーな食事を継続することで内臓脂肪がたまってしまいます。

これが通称メタボ、メタボリックシンドロームの状況です。

 

メタボリックシンドロームとは?

 

 

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積から高血圧、糖尿病、高脂血症が重なった状態となり、いわゆる生活習慣病が悪化する可能性がある状態のことをいいます。

 

通称メタボですね。

 

メタボリックシンドロームには、実は基準があるんです。

 

ご存知の方も多いかもしれません。

その基準を境にして、診断が下されます。

 

少し見てみましょう。

 

【メタボリックシンドローム基準】

 

 

①胸囲

 

まず必須条件は腹囲(肥満)。

 

男性85cm以上、女性90cm以上の方が一つの対象となります。

ちなみに、私はすでに20代後半からこの胸囲基準に該当していました。

 

 

②血圧、血糖値、中性脂肪

 

以下3項目中2項目が該当する場合、メタボリック基準となります。

 

・血圧130/85mmhg以上

・血糖値110mg/dl以上(空腹時)

・中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満

 

 

最近は「メタボ健診」と言われる特定健康診査(特定健診)が40歳以上の方に保健指導が実施されているので、ご存知の方も多いかもしれません。

私が糖尿病を発症する前から、このメタボ基準は早くも該当、生活習慣改善にもっと早く対策しておくべきでした。

 

 

 

内臓脂肪と糖尿病との関係

 

 

メタボリックシンドロームは別名「内臓脂肪症候群」とも呼ばれています。

つまり、内臓脂肪が大きなポイントです。

 

内臓脂肪とは、皮膚の下に蓄積する皮下脂肪と異なり、内臓のまわりの腸間膜(ちょうかんまく)に蓄積する脂肪です。

 

皮下脂肪と比較すると一時的に蓄積する脂肪ですので、努力すれば減らしやすい脂肪であると言われています。

 

しかし、内臓脂肪が蓄積すると、脂肪組織から分泌される「遊離脂肪酸」という物質が増え、血糖を下げるホルモン、インスリンの動きを鈍らせてしまいます。

つまり、内臓脂肪が多くなればなるほど、インスリンが低下し、血糖値が増えてしまうのです。

 

太れば太るほど、糖尿病リスクが高まるのは、この背景かもしれませんね。

 

 

インスリン低下によるさらなる悪循環

 

 

インスリンが低下することにより、実はさらなる悪循環リスクが発生します。

このインスリンが弱体化することで、インスリンを生成・分泌する「膵臓」(すいぞう)は、なんとか量でカバーしようと試みます。

 

ところが、この状態が長く続いてしまうと、この膵臓がやがて疲弊し、インスリン自体の量も減ってきてしまい、血糖値がさらに上昇する状態をつくってしまいます。

 

つまり、インスリンが低下し、膵臓が疲弊、さらなる血糖値上昇要因が増加してしまうという悪循環を生み出してしまいます。

 

肝臓、腎臓も糖尿病と深い関係がありますが、膵臓もまた、深い関係があるんですね。

 

 

内臓脂肪との闘い

 

 

内臓脂肪というリスク。

私のように、2型糖尿病経験者にとっては、非常に重要なポイントかもしれません。

 

そもそも皮下脂肪と比べて内臓脂肪は取りやすいものだと言われています。

努力次第では、まずこの内臓脂肪を落とすことも可能です。

 

 

内臓脂肪の特徴は硬いこと。

皮下脂肪はプヨプヨしている脂肪で、最後まで取れにくいようです。

 

私の場合、糖尿病で入院する前は、圧倒的に硬い内臓脂肪が多かったように思います。

パンパンのお腹でした。

 

私の固い内臓脂肪、10㎏以上体重を落とした今、柔らかい皮下脂肪との闘いの段階に入ってきました。

 

内臓脂肪も、皮下脂肪も減らすのは、やっぱり食事と運動が基本です。

生活習慣を見直すことが、一番かもしれませんね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!