肝臓は糖尿病と関係ある?!~糖尿病と肝臓の関係について~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

糖尿病は肝臓と深い関係があると言われています。

 

糖尿病であった私は昔から肝機能が良くないほうでした。

実父も同じく肝臓が昔から悪い数値であったことから、糖尿病からくる心筋梗塞の結果、心臓バイパス手術を受けました。

 

親子ともに、「2型糖尿病」から心筋梗塞、手術という結果となっています。

 

実は肝臓と糖尿病には深い関係があると言われています。

 

糖尿病での死因として17%ほどは肝がんや肝硬変などの肝臓疾患患者と言われています。

 

肝臓の機能とは

 

 

肝臓がどのような働きをしているか、ご存知でしょうか。

 

肝臓はさまざまな物質を化学反応によって加工する働きを持っています。

その中でも主に3つの機能があります。

 

 

1、消化・・・胆汁(たんじゅう)を作る

胆汁とは脂肪を消化するための液体で、コレステロールなどを排泄させる働きがあります。

 

 

2、代謝(分解や再合成)及び蓄積

栄養素などの物質を分解したり、再合成をし、体で使える物質に変えます。
また主にブドウ糖では不足した際に供給すべく貯蓄機能を持っています。

 

 

3、解毒

体内に入った毒物を無害なものに変えます。

 

肝臓には様々な機能のがあるのですね。

いずれも、私たちの体を支える、重要な働きばかりです。

 

 

糖尿病と肝臓との関係

 

 

それでは、糖尿病と肝臓はどのような関係となっているのでしょうか。

 

糖尿病と肝臓との関係で一番大きなものは、血中の糖度をコントロールする働きです。

 

肝臓は、食後などに急激に増加した血中のブドウ糖をとり込むことで、一定量の血糖値を維持するという機能をもっています。

 

ブドウ糖があまりにも多く血液中を占めてしまうと、肝臓も処理しきれなくなりますので、血液中の血糖値が上がってしまいます。

これが糖尿病を発生させてしまいます。

 

つまり、糖尿病を発生させない、または糖尿病を悪化させないためには、肝臓の機能が正常に作動できるように意識することが重要となります。

 

また、肝機能が低下してしまうと、血糖値を下げる物質のインスリンが膵臓から分泌されますが、これも長期継続することで、膵臓が弱体化してしまいます。

 

結果、肝臓弱体化→膵臓弱体化につながり、さらなる糖尿病悪化を招いてしまいます。

 

 

肝機能を測る数値

 

 

それでは、肝機能の状況を知るにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは、検討診断などで測られている数値を観測することが一つの指標になります。

 

肝機能を測る上で重要な指標は主に3つです。

 

①「AST」(GOT)

②「ALT」(GPT)

③「ALP」(アルカリフォスファターゼ)

 

 

①「AST」(GOT)

 

AST:アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ

 

肝臓以外の臓器や筋肉、赤血球などにも含まれている酵素です。

正常値は10~40IU/l。

数値が40以上で要注意。(医師によっては30以下を正常値とする事例もあります)

※以前はGOT:グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼとも呼ばれていました。

 

 

②「ALT」(GPT)

 

ALT:アラニンアミトランスフェラーゼ

ALT(GPT)は主にアミノ酸を生成する酵素です。

正常値は10~40IU/l。

数値が40以上は異常あり。(医師によっては30以下を正常値とする事例もあります)

 

※以前はグルタミン酸ピルビン酢トランスアミナーゼとも呼ばれていました。

 

 

③「ALP」(アルカリフォスファターゼ)

身体の殆どの臓器と骨に含まれている酵素です。

正常値は354IU/L以下。(医師によっては300IU/L以下を正常値とする事例もあります)

数値が400以上で精密検査が必要となり、胆石や胆がんの可能性があります。

 

 

 

上記の3つの指標数値が異常数値が継続的に表れた場合、慢性・急性肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がん、劇症肝炎、胆道系のがんなどの可能性があります。

 

その他指標としては、LDHやγ-GTPなどがありますが、これらも総合的に判断する必要がありますので、詳しくは主治医とご相談ください。

 

 

心筋梗塞直前の肝機能数値実例!!

 

 

私は2型糖尿病のよくある傾向で、肥満型メタボリックシンドロームと高血圧を合わせもっていました。

まさに、40代男性の糖尿病、2型の典型例かもしれません。

糖尿病からくる、心筋梗塞を発症する、その直前の数値が以下でした。

 

 

以下、私の肝機能の指標に関する最新の健康診断結果です。

 

 

【肝機能を測る数値事例】(40代男性、2型糖尿病)

 

・AST(GOT) 40  (正常値は10~40IU/l)

・ALT(GPT) 55  (正常値は10~40IU/l)

・ALP   367  (正常値は354IU/L以下)

 

 

私の場合、AST(GOT)が異常値ギリギリラインですが、特にALT(GPT)とALP(アルカリフォスファターゼ)の数値が大幅に正常値以上となっており、肝機能の弱体化が顕著に表れております。

 

一般的にはAST(GOT)とALT(GPT)双方の数値が上昇すると肝臓の異常と判断されます。

中でもALT(GPT)の数値がさらに高い場合、肝臓の病気の可能性が高まり、特に脂肪肝、慢性肝炎などが疑われます。

まさに私がその事例そのものですね。

 

一般的に、AST(GOT)の数値が大幅に上昇した場合は、肝硬変や肝臓がん、心筋梗塞などが疑われますが、心筋梗塞を起こした私の場合、このAST(GOT)数値は高いものの、一応正常数値内に入っていました。

 

この健康診断時点では、まだ心筋梗塞は起こしていないものの、この健康診断数か月後には、心筋梗塞を引き起こしています。

 

数値が正常範囲だから大丈夫、などと侮ってはいけないと思いました。

 

また、ALPは胆汁の以上を測る数値ですが、AST(GOT)とALT(GPT)の数値も以上がある場合、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの肝臓の病気、そして胆汁うっ滞、胆石、胆道系のがんなど胆道の病気が疑われるそうです。

 

 

いずれにしても、私たちの肝臓は、脂肪を消化したり、解毒作用があったり、非常に重要な機能を持っています。

特に私のように肝臓に異常数値が出ている場合、糖尿病はさらに悪化する可能性を秘めています。

 

昔から肝臓と腎臓は体の中でも「肝腎」な場所と言われています。

血糖値が高い方は、肝臓ケアにも、気を使う必要があるのかもしれませんね!

SNSでもご購読できます。

元気!勇気!珠玉の名言集!!

コメントを残す

*

error: Content is protected !!