糖尿病による神経障害とは?~糖尿病性神経障害を避けるポイント~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病を発症することで恐ろしいのは3大合併症と言われるものです。

有名なのでご存知の方は多いとは思います。

 

糖尿病性神経障害(高血糖による神経障害)

糖尿病性網膜症(血行障害による視力障害)

糖尿病性腎症(高血糖による肝臓機能障害)

 

※その他、血管系、呼吸器系、泌尿器系などの合併症もあります。

 

 

今回はこの中でも私の症状で一番強く出ている「①糖尿病性神経障害」の中の種類「多発性神経障害」に絞ってお伝えしたいと思います。

 

糖尿病性神経障害とは

 

 

糖尿病の恐ろしいポイントは、合併症です。

 

糖尿病自体、特にすぐ、何か大きな異常が発症する、ということはあまりありません。

ですが、この血糖値の高い状態が継続的に続くことで、様々な合併症が引き起こされます。

 

なかでも、比較的初期段階で症状が出てくるのが、神経障害です。

私も長い間、血糖値の高い状態を続けていましたが、一番最初に出た症状がやはり、神経障害でした。

 

当初はあまりはっきりとした症状ではありません。

ですが、徐々に高い血糖値は、確実に体をむしばんでいきます。

 

一般的な糖尿病性神経障害は以下、3つあります。

 

多発性神経障害

手足の末端、ちょうど靴下や手袋で覆われる部分の痛みやしびれ、足の裏に薄紙が貼りついたように感じる感覚の鈍麻から始まります。

それが段々と、足先から膝へ、手先から肘へと、からだの中心に向かって広がっていきます。
とくに足先は神経の一番の末端ですから、これらの症状が一早くあらわれます。

 

自律神経障害

自律神経に障害が現れます。

下痢や便秘、心臓の動きが突然おかしくなる不整脈、汗をからだの一部分だけ異常にかいたりまたは汗をかかなくなったりする発汗異常、お腹がふくれあがるほど尿がたまっても尿意を感じず排尿できない無緊張膀胱、起立性低血圧(立ちくらみ)、勃起障害など、自律神経が関係しているあらゆる範囲に症状があらわれます。

 

単一性神経障害

神経を養っている細い血管が、小さな血栓で詰まって神経に血液が通わなくなり、その部分にだけあらわれる障害です。

神経に血液が通わなくなるための障害、顔面神経・外眼筋・聴神経の麻痺や四肢の神経障害などが現れてきます。

 

 

神経障害発症プロセスとは?

 

 

では、どうして、血糖値が高い状態で、神経が侵されていくのでしょうか。

このうち発症頻度の高い「①多発性神経障害」と「②自律神経障害」の発症までのプロセスについて、ご説明いたします。

 

まず血糖値が高い方が発症するので、血液内にブドウ糖が増えます。

このブドウ糖が末梢神経でソルビトール(糖アルコールの一種:別名グルシトール)へと変化します。

このソルビトールが増加し、大量となった場合、末梢神経細胞に蓄積されていきます。

結果、神経細胞の働きが障害され糖尿病性神経障害を発症するという流れとなります。

 

血液中の糖が高い状態を続けることで、体内でも弱い部分である末梢神経を破壊し始めます。

 

 

糖尿病による多発性神経障害の症状

 

 

私が最初症状として現れたのが、この多発性神経障害です。

一般的にも多くの2型糖尿病患者が最初に現れる症状だと言われています。

 

私の場合、手や足の末端部分が腫れあがる症状が最も多く現れました。

手の場合は指の第二関節部分がつき指をしたような痛みと腫れが現れ、足の場合は主に親指のつけ根部分が赤く腫れあがる症状が多く出ています。

 

多くの場合、湿布などをして2~3日で痛みと腫れが引くのですが、糖尿病が進行すると、この痛みと腫れの頻度が多くなっているような気がします。

 

また、私の場合、足がつる(こむらがえり)ことも多くなりました。

多発性神経障害の症状は様々で個人差が大きいと言われています。

 

初期症状としましては、一般的に、

手足のしびれやかゆみ、痛み
足先の冷え、または熱を持ってほてる
手足などの感覚麻痺(触っても感じない)

が多いとされています。

中にはアリなどの虫がはっているな感覚であったり、主に夜間に症状が悪化したりするようです。

 

一般的には手足などの体の末端から症状が現れますが、徐々にからだの中心部分に症状が広がることもあり、悪化した場合は関節部麻痺で運動機能が損われてリハビリテーションが必要になることもあります。

 

また運動神経にも影響が出る場合もあり、眼球の神経に障害が出た場合、眼球を動かすことも困難になり、ものが二重に見えることもあります。

 

気をつけなければならないのは、感覚麻痺で、主にからだの末端での症状が多いため、例えば足の裏に傷、やけどを知らずのうちに負っていたなどもあります。

 

ガラスが刺さってしまった、釘が刺さってしまったなどの感覚もなく、傷が悪化して潰瘍や壊疽を起こすこともあります。

 

 

糖尿病性神経障害が、死に直結するケース

 

 

神経障害が恐ろしい事態を引き起こすことがあります。

 

手足がかゆい、しびれるなどの程度であれば、まだ少しづつ改善を進める程度でも構いませんが、症状が悪化し、長引く場合、以下のような事態を招く場合があります。

 

無痛性心筋梗塞

神経が麻痺しているため、心筋梗塞が起こっても痛みなどの症状がなく、手遅れになり死に至るケースです。

実は、私はこれに近い状態でした。

初めて心筋梗塞を発症した時、あまり痛みがありませんでした。

ただ、息苦しさ、動悸のような症状が出ただけでした。

そのため、死に直結する心筋梗塞をすぐに感知できず、そのまま数か月、危険な状態を過ごしていました。

幸いにも、側副血行路の発達、および他の血管が機能したことにより、何とか命拾いすることができました。

無痛となることの恐ろしさをのちになって、改めて気づかされました。

 

致死性不整脈

 

不整脈が発症するケースです。

主に自律神経に関わる神経障害ですが、心拍が乱れ、心臓機能が長時間停止したり、逆にあまりにも早く心臓機能が動いてしまうことで死に至るケースです。

 

 

無自覚性低血糖

 

低血糖が昏睡状態を招くことがあります。

神経が麻痺することで、低血糖症状が危険な状態まで悪化しても症状が出てこないため、昏睡状態になるまで気づかず死に至るケースです。

 

 

糖尿病性神経障害の改善方法

 

 

一般的に糖尿病性神経障害は、原因が糖尿、血糖値が高いことであることから、一般的に糖尿病を治療し、症状を軽減することが効果的です。

 

当たり前ですが、やはり体内の血糖値を正常に維持することが、根本的な改善方法となります。

 

食事療法

1日3食適切なカロリーをとり、炭水化物を少なめに、野菜などの食物繊維を多く取ります。

 

運動療法

普段運動が少ない方は意識的に軽い運動を継続的に実施することが必要です。

運動ができないときでも、ストレッチは有効です。

ストレッチだけでも十分に有益ですが、運動前にもしっかりとストレッチをすることで、さらに効果が高まります。

 

薬物療法

医師の処方を守り、血糖値を下げる薬の服用、主にインスリン療法を実施します。



その他、手足末端部分が症状が出やすいため、マッサージなどで血流促進することも有効な方法となります。

また、血流を悪化させるタバコなどは症状を悪化させてしまいますので、禁煙も神経障害を避けるための有効な手段となりそうです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!